SEO

ブログで100記事書いたら収益アップは妄想?真実?【実録】

投稿日:

100記事書いたら

こんにちは、かずさんです。

ブログでアフィリエイトを始めた人にとって、最初の関門はアクセスを集められるまで続けられるかどうか、じゃないでしょうか。

挫折してしまう人の大半は、しっかりとしたアクセスを集める前に辞めてしまいます。

なぜブログはこんなにも挫折してしまう人が多いのかというと、それは「先が見えない」不安があるからです。

ブログアフィリエイトは頑張っても稼げない期間が長いので、先が見えない不安に負けてしまうんですね。

で、そんな悩める初心者の人が必ずと言っていいほど目にするのが、「とりあえず100記事書け」という言葉でしょう。

100記事書いたら何か変わるに違いない、と頑張れる人も、70記事、80記事と書いてもアクセスが伸びないと、不安にかられてノウハウをコレクトし始めたり、挫折してしまうケースが多いです。

本当に100記事書いたら、稼げるようになるんでしょうか?

残念ながら、答えはNOです。

今回の記事では、過去に僕が100記事入れたブログを運営した経験をもとに、気づいたことや学んだことをまとめたいと思います。

イケメンくん
100記事も書くなんて、僕に出来るでしょうか?
無理です。
かずさん

~END~ 

ブログアフィリエイトで100記事書くとどうなるのか

実際に100記事書けば、なにかが変わるんじゃないかと思って頑張る人は多いと思います。

おそらく、100記事書くことに対するイメージはこんな感じじゃないでしょうか。

  1. ブログが強くなる
  2. 記事数が増えれば順位が上がる
  3. ライティングスキルが上がる

このうち、確実に効果があるのは3番だけです。

上の2つは、半分正解で半分間違いです。

まず、100記事単純に書けば、ブログやサイトが強くなるという考え方は間違いです。

これだと、ツールを使った記事を適当に100記事突っ込めば、上位表示できることになってしまいます。

100記事書いてブログやサイトを育てるためには、条件が2つあります。

  • 更新頻度を高くする
  • 高品質な記事を書く

ブログを始めるときによく「1日1記事書けばブログが育つ」といわれますが、これは本当で、更新頻度の高いブログは、Googleに評価されやすい傾向にあります。

もちろん、毎日更新しなくてもドメインパワーは上がりますが、更新頻度が高いほど評価されやすいということです。

そしてもう一つ、これが一番大事なんですが、「良質な記事を書く」こと。

良質な記事というのは、

  • ユーザーのニーズに応えている
  • 分かりやすく読みやすい
  • 独自性がある
  • 信頼性がある

この辺をしっかりおさえた記事のことを言います。

特に重要なのがユーザーのニーズに応える、という部分です。

たとえ雑記ブログといえど、読み手の興味を引く内容の記事でなければアクセスは集まりませんよね。

例えば、このブログで僕が「昼はカレーを食いました」「今日は気分が沈んでいるので、温かいココアを飲もうかな」みたいな記事を書いても、誰も読みたくはないわけですよね。

もしも読みたいです、という人がいたら、好きです。
メールください。

日記みたいな記事に需要があるのは、芸能人とかぐらいのものなので、しっかり読み手の需要に応える記事を書くことが大事です。

結局、記事をただ増やせばいいということではなくて、今は当たり前になっていますが、コンテンツをしっかり作らないと意味がありません。

それと、記事数を増やせば他の記事の順位が上がる、というのも間違いです。

実際には、上位表示できる良質な記事が増えることでサイトが強くなり、他の記事の順位も底上げされるんです。

ですから、上位表示できない低品質な記事ばかり増やすことには、意味はないんですね。

100記事入れたブログのアクセス数

ここからは、僕が実際に100記事入れたブログの推移を見ながら、どうすればアクセスの集まるブログを作れるのか、ということを検証していきたいと思います。

まず、こちらのグラフを見てください。

初期PV

まずこの段階で、記事数はすでに70記事以上入っていましたが、PV数はなんとたったの24です笑

このブログ、実のところある教材のマニュアルどおりに、実験的に作ってみたアフィリブログでしたが、こんな感じのブログでした。

  • メタディスクリプションなし
  • 画像なし
  • 内部リンク一切なし
  • 商標記事だらけ

まさに「ザ・低品質」という感じのブログですね笑

ただひたすらマニュアル通りに記事を量産しましたが、まったくダメでしたね。

その後、記事の更新を少しおさえて、内部リンクやディスクリプションなど、内部SEOの改善を行いました。

PVはさほど伸びませんでしたが、ある記事が検索上位に表示されたことで、被リンクを貰えるようになりました。

そこから徐々にPVが増え始め、その結果、PVが安定して150を超えるようになってきます。

PV150

さらにPVを伸ばすため、相互リンク依頼なども積極的に受けるようにしました。

その後も内部SEOと記事更新を繰り返し、100記事に到達した時点でのPVが数がこちらです。

PV200ぐらい

その後は、記事の更新を一旦ストップして、過去記事のりライトを行い、コンテンツのクオリティを上げていきました。

その結果、PV数は400/日を超えるようになり、月間PV数は15,000ぐらいになりました。

PV400

この時点での総記事数は110記事ぐらい、報酬は月9万ぐらいです。

アドセンスとかだと1万円も稼げない程度のPVですが、ASPで特単を貰えばこれぐらいは余裕です。

ここまでの経緯を見ていただければわかるとおり、70記事入った時点でも、低品質なコンテンツだと、まったくアクセスを集めることはできません。

注意ポイント

このブログの場合、雑記ブログではなく、アフィリエイト用に商標記事を詰め込んだブログだったため、純粋にブログとして運営してれば、ここまでひどくはならないと思います。

その後、内部SEOと外部SEOの対策を実施して、さらにリライトでコンテンツの質を高めることで、徐々にPV数と報酬が上がっていった感じです。

この後、バカ売れ商品の順位が順調に上がり、さらに報酬がうなぎ登りになる予定でしたが、Googleのアップデートに引っかかってしまい、残念ながらアクセスも報酬も暴落してしまいました笑

PV増加のために取るべき施策

PVアップの施策

ここまで読んでもらえればなんとなくお気づきだとは思いますが、アクセスを集めるためには、そのための施策を行う必要があります。

例えば、内部SEO対策として、記事の更新頻度を高める、内部リンク改善や表示速度の改善、内部構造を整える、外部SEO対策として被リンク対策などですね。

関連記事
最低限のSEO対策
最低限これだけはやっておこう!初心者にも必要なSEO対策の進め方!

アフィリエイターの仕事は、欲しい人に欲しいものを紹介することです。 そして、その情報をユーザーに届けるためには、検索上位 ...

続きを見る

また、これが一番大事なんですが、コンテンツの質を高めるためにリライトを行い、評価の低い記事を改善し、評価の高い記事はさらに上を目指すことが大切です。

アクセスの集まるブログを作るには、良質なコンテンツを目指してに常に修正を行い、被リンクを集める必要があります。

つまり、Googleがランキング決定要因に重要としている、リンクとコンテンツに全力で取り組むことが大事ということですね。

参照:SEO Japan(Googleがランキング要素のTOP3を公式に発表)

100記事書いても収入が伸びない原因

100記事で上がらない原因

ただやみくもに100記事書いても、アクセスも収益も、思ったようには伸びません。

100記事書いたけど、あるいはもうすぐ100記事になりそうだけど、アクセスも収益も伸びない、という人は、次のいずれかに当てはまっていないか、チェックしてみてください。

  • 低品質なコンテンツが多い
  • 運営期間が半年以下
  • SEO対策は全くしていない
  • セールスライティングが出来てない

低品質なコンテンツが多い

記事を増やしても全くアクセスが伸びないという場合、低品質な記事が多いために、評価されにくい状態になっている可能性が高いです。

最近のSEOでは低品質な記事が、良質な記事の足を引っ張る傾向があるようです。

低品質な記事

  • ユーザーの検索意図に答えを出してない
  • 文字数が極端に少ない
  • タイトルと本文がマッチしてない
  • etc...

低品質な記事は、アクセスがなくて順位も低いという特徴があるので、どんどんリライトして改善していくか、手間がかかりそうなら削除してしまうのもありです。

運営期間が半年以下

たとえ100記事書いたとしても、運営期間が短いと、順位が安定しないことがあります。

焦る気持ちはわかりますが、まずはやれることをやりつつ、半年間は様子を見てください。

半年運営+100記事でアクセスが伸びないなら、確実に他に問題があります。

SEO対策は全くしていない

SEO対策をまったくしていないブロガーは、以外に多いです。

いくら頑張って良い記事を書き続けても、被リンクが全くもらえなければサイトは強くなりません。

逆に、自演で被リンクばかり入れても、コンテンツがしっかりしていなければ、今は上位表示が難しくなっています。

SEO対策は、内部対策と外部対策をバランスよく行うことが大切です。

セールスライティングが出来てない

これはちょっと毛色が違う話になりますが、アクセスは集められるけど、成約に結びつかないという人が改善すべきポイントです。

アクセスを集めれば、勝手に商品が売れていくというわけではありません。

100記事書いてアクセスは集まったけど、収益が上がらないという場合は、コピーライティングを学ぶと良いです。

関連記事
新PASONAの法則
新PASONAの法則から学ぶセールスライティングの書き方とコツ

イケメンくんライティングを学ぼうと思っています。 PVとアフィリ報酬しか興味がないアナタが、珍しいですね。かずさん イケ ...

続きを見る

関連記事
コピーライティング
コピーライティングとは?アフィリエイトに必要な技術です【基礎編】

こんにちは、かずさんです。 アフィリエイトで成果をえるためには、SEOで検索上位に表示させて、アクセスを集めるのがまずは ...

続きを見る

100記事書けば稼げるようになると言われる理由

100記事からがスタート

100記事書けば絶対に稼げるのか、と問われれば、冒頭でも書きましたが、答えはNOです。

おそらく、完全な初心者がゼロから100記事書いても、大きく稼げるのは一部の人だけだと思います。

「100記事書いてからがスタート」という人もいますが、これには僕も完全に同意します。

100記事書いたら、そこからアクセスが伸びて稼げるようになる訳じゃないんです。

100記事書くことで、ライティングスキルとか、ノウハウに対する理解とか、自分が成長していることに「気付く」ことが大事なんですね。

人間の成長は、よく螺旋階段に例えられます。

どういうことかというと、初心者の人は、稼げない期間が長くなると、同じところをぐるぐる回っているような、先の見えない不安を感じてしまいます。

その結果、違うノウハウを求め始めたり、諦めたりしてしまうわけなんですが、実は同じところをぐるぐる回ってるわけではなく、ちょっとずつ上に向かっているんです。

つまり、螺旋階段をのぼるように、実は少しずつ成長しているということです。

ですから、100記事書く前と書いた後では、アフィリエイトに対する理解度が全く異なります。

よく、ノウハウは読み直すたびに新たな気付きがあるといいますが、それは自分が成長してるおかげで、それまで理解できなかったことが理解できたり、気付けたりするからなんです。

とりあえず100記事書け、と言われるのは、稼ぐために自分を成長させることが出来るからです。

例えどんなに優れたノウハウや教材があっても、知識ゼロの人がいきなり稼げることは無いですよね。

ですから、まずは100記事なんです。

スキルが上がっていけば稼げる可能性も高くなっていきますし、運が良ければ、100記事まで書かなくても稼げるようになりますからね。

 

僕が今までに学んだSEOやアフィリエイトの知識を詰め込んだE-BOOK2冊を完全無料でご提供します。

特典

これまでに僕が100万以上自己投資して学んできたアフィリエイトの知識を、完全無料でお渡しします。

内容はSEOライティングに特化したノウハウと、初心者の人が月5万稼げるようになるまでのロードマップになります。

正直、2冊合わせると相当なボリュームですし、有料級です。

早めに手に入れてください。

ダウンロードはコチラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かずさん

かずさん

アフィリエイター/Webライター/アフィリ報酬6桁/専業目指してます!/アフィリエイトで学んだライティングやSEOの情報を発信中、面白SEOライターとして活動しています。

-SEO

Copyright© アフィリエイトの時間ですよ , 2019 All Rights Reserved.