ツール

【GRCの使い方】SEOに必須の検索順位チェックツールはこれだけでOK

更新日:

GRCの使い方

今回の記事

GRCを使って効率よくSEOを進める方法

こんにちは、かずさんです。

毎日ブログ書いて、記事数も増えてきたけど全然アクセスが集まらない…。

なんて悩んでませんか?

いくら記事を書きまくっても、低品質な記事ばかりでは、ブログやサイトの評価は上がりません。

記事をリライトしたり、SEOの施策を行ったりして、検証と改善を繰り返すことがめちゃくちゃ大事です。

で、改善や対策をしたら、その結果どうなったのか、成果をチェック&分析していかないと、今後どの方向で進んでいけば良いのかわからないわけです。

そのチェックのために必要なのが、検索順位チェックツール「GRC」です。

今回は、そんなSEOに必須のツール「GRC」の使い方を紹介していきたいと思います。

この記事で分かること

  • GRCの使い方
  • SEOに活用する方法
  • 料金プランの選び方

 

検索順位チェックツールGRC

ところで、GRCとは?

GRCとは、インストールすることで、キーワードごとに現在の検索順位を確認することが出来るツールのことです。

検索順位と一言にいっても、検索エンジンって実はGoogleだけでは無いんですが、GRCでチェックできるのは、Google、Yahoo、Bingの3種類になります。

GoogleとYahooは知ってると思いますが、Bingってあまり聞き慣れないですよね。

Bingは、マイクロソフト社が提供している検索エンジンなんです。

日本ではまだあまりメジャーではないですね。

まあ、実際に注意して見るべき箇所は、やはりGoogleの順位ですので、今はあまり気にしなくて大丈夫です。

ちょっと脱線しましたが、GRCでは検索順位をボタンクリックだけで簡単に調査でき、さらにデータとして保存することが出来ます。

こんな感じです↓↓

GRCデータ

こうして保存したデータを、サイトのSEO観測、分析に役立てるのが目的のツールなんです。

GRCがSEOに便利な4つの理由

GRCがSEOに便利

狙ったキーワードでどの程度成果が出せているのか、データをとっておくのは、SEOに取組むなら基本中の基本事項です。

また、SEOの施策(リライトとか)を行ったら、必ずその成果を確認しないと、あまり意味がありません。

成果を確認しないと、何をした結果コンテンツの評価が上がったのか、あるいは下がったのかが分からないですよね。

検証、確認、改善を繰り返して、コンテンツをブラッシュアップしていくことが大事なんです。

イケメンくん
超大事!

SEO対策やリライトの成果は、検索順位を見れば確認できます。

順位が上がって安定すれば施策は成功、下がったままなら失敗したということです。

ただ、検索順位をいちいち入力して調べてたら、いくら時間があっても足りないですよね。

なので、検索順位チェックツールはSEO対策に絶対に必要な便利ツールと言えるでしょう。

そんな順位チェッカーの中でも人気が高く、多くのSEO業者にも使われているのが、GRCです。

多くのユーザーに愛用されるのは、やはりSEOに施策するうえで、使いやすくて便利だからでしょう。

ということで、GRCがSEOに便利な理由を4つあげます。

使い方が簡単で初心者向き

検索順位チェックツールってたくさん種類があって、無料で使えるものも豊富にそろっています。

例えば、「SEOチェキ!」や「ohotuku.jp」「検索順位チェッカー」などです。

ただ、これらのオンラインツールも、結局は自分でキーワードを入力し、ひとつひとつ確認しないといけないので手間がかかります。

また、1回でチェックできるキーワード数が制限されていたり、重くて時間のかかるものもあります。

GRCを使えば、ボタンを1クリックするだけで、登録したキーワードごとの検索順位を自動で集計してくれるので、大幅に手間を省くことができます。

他の有料検索順位チェッカーと比較しても、操作がシンプルでかなり使いやすいです。

検索順位の推移が分かりやすい

コンテンツの検索順位が、どのように推移しているのかをチェックしておくことは、非常に重要です。

順位が急激に下がったり、圏外にとんだりしたなら、何か問題が発生したのかもしれません。

例えば、以前Googleで「インデックスバグ」が発生し、一部のページが検索結果に表示されなくなるという事件がありました。

その時のGRCの動きはこんな感じでした↓↓

インデックスバグ

今まで1位にいた記事が急に飛んだので、アップデートか何かあったかと思い、Twitterで情報収集したわけです。

その結果、

アップデートの影響ではない

Googleのインデックスバグらしい

サーチコンソールからインデックス申請すれば復活する

といった情報を得て、すぐに対策を取ることができ、僕のメルマガに登録してくださってる皆さんにも、情報提供することが出来ました。

すぐに対策できたことで、機会損失を未然に防ぐことが出来たということですね。

これがGRCでなく、無料のオンラインツールであれば、おそらく気づくのはかなり遅くなっていたと思います。

動作が軽い

GRCの特長として、とにかく動作が軽く、ストレスフリーで使えるという利点があります。

僕は他にもいくつか順位チェッカーを使ったことがありますが、たぶん一番軽いと思います。

キーワード収集などの付属機能が付いてるものは、基本GRCに比べると重いイメージです。

イケメンくん
重いのキライ

料金が安い

有料の検索順位チェックツールはたくさんありますが、GRCはその中でも特に料金が安いです。

余分なものは排除したシンプルな作りのためかと思われます。

有料順位チェッカーの価格比較については、後述します。

すぐに価格比較を見たい人はコチラからジャンプできます。

 

GRC公式サイトはコチラ

初心者にも簡単にわかるGRCの使い方

GRCには、様々な機能が付いてますが、全部を使いこなす必要は無いと思います。

SEO業者も使っているツールなので、やれることはいろいろありますが、個人のサイト運営で使うなら、必要な部分だけ覚えれば十分です。

ポイント

  • サイトを登録する
  • 検索語(キーワード)の追加
  • 検索順位のチェック

こういった基本的な使い方について、上手に使うコツを交えながら解説していきます。

GRCのインストール方法については、GRC公式サイトを読めばすぐに分かるので、そちらを参考にしてください。

サイトを登録する

まずはGRCに、あなたのサイト情報を登録します。

GRCを開いたら、「編集」から「項目新規追加」を選んでクリックします。

項目新規追加

続いて、「サイト名」「サイトURL」「検索語」を入力していきます。

サイト登録

  1. サイト名:あなたのサイトの名前
  2. サイトURL:サイトのURL
  3. 検索語:狙うキーワード

サイトURLの部分には、ページごとのURLではなく、サイトのURLを登録しましょう。

登録できるサイト数(URL数)は、料金プランごとに異なります。

検索語には、狙うキーワードを入れていきますが、複合キーワードを入力する時は、単語間にスペース(半角でも全角でもOK)を入れて登録します。

それと、キーワードはあとから追加することが出来るので、ここで全部登録する必要はないです。

検索語(キーワード)の追加

サイトの登録が終わったら、狙うキーワードを追加登録していきます。

上部メニューの「編集」から「項目複製追加」をクリックします。

項目複製追加

サイト名とURLはすでにコピーされている状態なので、このまま追加するキーワードを入力していきます。

キーワードをまとめて入力する時は、1行に1つずつ入力してください。

なるべく多くのキーワードを入れておくと、役立つデータが集められます。

例えば、「ポリンキー 三角形 秘密」の複合キーワードで狙っているなら、

「ポリンキー 三角形 秘密」

「ポリンキー 三角形」

「ポリンキー」

といった感じで、2語や単語のキーワードも登録しておきましょう。

検索後登録

ドメインが弱いうちはスモールキーワード(2語、3語)で上位表示を狙い、少しずつミドルやビッグキーワードの順位も意識していきます。

サーチコンソールからキーワードを登録しよう

サイトやブログを運営していると、自分が想定してないキーワードでアクセスを集めたりすることがよくあります。

もしもGRCで順位が付いてないのに、アクセスが集まっている場合は、違うキーワードで集客している可能性がありますよね。

なので、データの収集漏れを防ぐためにも、なるべくたくさんのキーワードを登録しておいたほうが良いです。

そして、後から不要なキーワードを削除していくやり方が効果的だと思います。

簡単に実用的なキーワードを収集するやり方としては、「サーチコンソール」を使うのがおすすめです。

サーチコンソールで見れる「検索クエリ」は、実際にユーザーが検索する時に使っているキーワードです。

なので、検索クエリをGRCに登録して、そのキーワードの順位を上げていく施策をすれば、効率的にSEO対策が出来るでしょう。

関連記事
サーチコンソールとSEO
【2019年】新型サーチコンソールの使い方 | キーワード活用方法

こんにちは、かずさんです。 アフィリエイターもブロガーも、SEOで検索上位を狙うために、常に対策はかかせないですよね。 ...

続きを見る

サーチコンソールの検索クエリを簡単にGRCに登録する方法

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」画面で、検索クエリ右上部にある、下矢印をクリックして、クエリのデータをダウンロードします。

クエリダウンロード

ダウンロードすると、検索キーワードや表示回数などのデータが開きます。

この中から、検索キーワードだけをすべてコピーします。

続いて、「キーワードプランナー」を開き、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック。

キーワードプランナー

コピーしておいた検索キーワードを貼り付け、「開始する」ボタンをクリック。

検索キーワード貼り付け

右上にある下矢印をクリックして、「プランの過去の指標」をダウンロード。

プランの過去の指標

ダウンロードしたCSVファイルを開き、GRCに登録するキーワードを選定します。

選定基準として、検索ボリュームが100~1,000以上のものを選んでいきます。

検索ボリュームは、Min search volumeとMax search volumeの値で見ます。

検索ボリューム

検索ボリュームが0のものは、キーワードに需要が無いので、SEO施策の対象外キーワードで良いと思います。

必要なクエリをすべてコピーしたら、GRCの「項目複製追加」で貼り付けます。

これで、サーチコンソールで取得できる検索キーワード(アクセス増加を狙える部分だけ)を、GRCに簡単に登録できます。

ここからさらにデータを取りながら、不要なクエリは削除して、余分なリソースを割かないようにしましょう。

検索順位のチェック

サイトとキーワードを登録したら、あとはワンクリックで検索順位のチェックをすることができます。

やり方は簡単で、上部にある「GRC」ボタンをクリックするだけ。

自動順位チェック

あとは自動でキーワードごとに検索順位を集計して記録してくれます。

SEOで成果を出すためには、1位を取るための施策を行い、毎日順位チェックをして長いスパンで計測しながら、検証と改善のPDCAを回していくことが大事です。

なので、毎日チェックは出来なくても、GRCは必ず起動して、忘れずにデータを取るように心がけてください。

 

GRC公式サイトはコチラ

その他の便利機能

便利機能に喜ぶ女性

基本的な使い方は、ここまで説明したとおり、サイトを登録したら、あとはキーワードを登録して、毎日チェックするだけです。

とても簡単ですよね。

最初はこの基本的な使い方を知ってれば十分ですが、知っておくと便利な使い方もいくつかご紹介しておきます。

起動時に自動順位チェック

GRCは毎日起動して、データを記録しておくことが大事です。

ただ、初めはうっかり忘れてしまうこともよくあります(笑)

で、毎日起動してボタン押すのも面倒臭い、って人もいると思うんです。

そこで、いちいち手動で立ち上げなくても、勝手に起動して順位チェックまでしてくれるやり方を紹介します。

まず、「実行」をクリックし、「起動時に順位チェック実行」にチェックを入れます。

起動時に順位チェック

これで、GRCが起動すると同時に、勝手に順位チェックまでしてくれるようになります。

さらに、「オプション」をクリックして、「スタートアップに登録」にチェックを入れます。

スタートアップに登録

これで、PC起動時にGRCが自動で立ち上がり、勝手に順位チェックまでしてくれる設定ができあがりました。

どんなにズボラな人でも確実にデータ収集してくれるので、オススメの設定です。

サイトメモ機能

SEOの施策を行ったら、GRCで順位チェックをして、成果を確認することが大事です。

なので、1つの施策を行ったら、その成果を確認してから、次の施策をするようにしましょう。

そうじゃないと、何をした結果で順位に変動があったのか、確認が出来ないからです。

で、どんなSEO対策を行って、どんな結果になったのかをチェックしておくと、SEOの知識が深まります。

そのチェック用に役に立つのが、GRCのサイトメモ機能です。

サイト名のところで右クリックし、「サイトメモ閲覧/編集」をクリックすると、サイトメモ帳が開きます。

サイトメモ閲覧編集

このメモに、SEO対策の内容や施策した日付、その結果、何日後にどうなった、というような事をメモしていきます。

サイトメモ

こうしてメモを蓄積していくことで、あなたが行ったSEO対策と、その結果どんな成果を得たのか、というデータをとっておきましょう。

このデータを活用して、今足りない施策は何なのか、次は何をするべきか、というPDCAを回すことがとても大事です。

選択項目の順位再チェック

GRCをすでに使ってる人の中には、検索順位チェックは1日1回だけしか使えない、と思ってる人も多いんじゃないでしょうか。

実は、GRCは1日に何度でも順位をチェックすることが出来ます。

やり方は、「実行」から「選択項目の順位再チェック」をクリックすればOKです。

選択項目の順位再チェック

もちろん、何もせずに同じ日に再チェックしても、順位結果はなにも変わりません。

具体的に説明すると、例えばリライトなどの施策を行ったら、サーチコンソールで該当URLのインデックス登録をリクエストして、その後に再チェックです。

大幅に順位が変化することはありませんが、多少でも上がれば施策が上手くいってるかもしれません。

クラウド型チェックツールとの比較

他ツールと比較

検索順位チェックツールは、もちろんGRCだけじゃないです。

無料のものと、有料で使えるもの、インストール型とクラウド型があります。

ただ、無料で使えるものの大半は、手動で打ち込む手間がかかったり、データが保存できなかったりと、あまり実用的ではありません。

こちらでは、クラウド型とインストール型のツールから、代表的なものを選んで比較してみました。

 

著名な順位チェックツール

  • GRC
  • Serposcope
  • BULL
  • KEYWORD FINDER

  • GyronSEO

  • コンパス

 

機能比較

名称価格無料版タイプ登録キーワード数特徴
GRC4,860円/年~3URLで10キーワードインストール5URL、500キーワードシンプルで軽く使いやすい、安い
Serposcope無料無制限インストール無制限無料で多機能だが使いにくい
BULL13,200円/年~2週間お試し無料クラウド30URL、30キーワードスマホでも使える
KEYWORD FINDER50,000円/年~7日間お試し無料クラウド3URL、2,000キーワード分析やキーワード取得など盛りだくさん、その分高額
Gyro-nSEO4,500円/月1URLで10キーワードクラウド1URL、40キーワード多機能だが登録数少なめ
コンパス買い切り7,800円なしインストール無制限キーワード選定機能付き

個人的な感想

あくまで主観になりますが、無料で使えるオンラインツールの大半は、やはり実用的では無いと思います。

Serposcopeは、唯一無料でキーワード登録も無制限、データの保存も可能、というなかなかのスペックです。

ただ、実際に使ってみた感想としては、動作が重いです。

あと、英語表記なので、使い方を覚えるのもちょっと面倒ですし、エラーが多いのも気になります。

有料のチェッカーに関しては、どれも使いやすいものが多いと思いますが、選ぶポイントとしては、何を求めているかによると思います。

  • 価格(安さ)で選ぶ
  • 付属機能(キーワード収集など)で選ぶ
  • 動作の軽さで選ぶ

個人的には、付属機能はほとんど使わないです。

結局、使い慣れた無料のツールで十分なので…。

もちろん、ライバル分析やキーワード収集機能など多機能にこだわるなら、GRC以外の選択肢になるでしょう。

  • 価格とシンプルな使いやすさを求めるなら→GRC、BULL
  • 無料以外使うつもりがないなら→Serposcope
  • 順位チェック以外のSEOツールも欲しいなら→キーワードファインダー、Gyro-nSEO、コンパス

僕は価格が安くて動作が軽く、シンプルに使いやすいGRCがお気に入りです。

GRCのおすすめプランは?

プラン決定

GRC自体は無償で配布されているので、誰でもフリーで使用することが出来ます。

ただ、無償版の場合、有料版と比べて使用が制限される部分があります。

  • 登録できるURLは3つまで
  • 登録できるキーワードは10件まで

まったく使ったことがないなら、お試しでまずは無料で使ってみると良いと思います。

ただ、SEOツールとしてちゃんと使うつもりなら、有料版にしましょう。

ベーシックスタンダードエキスパートプロアルティメット
料金(税込)4,860円9,720円14,580円19,440円24,300円
URL5505005,000無制限
キーワード5005,00050,000500,000無制限
上位追跡5505005,000無制限
リモート閲覧利用可利用可利用可利用可
CSV自動保存利用可

参照:SEOツールラボ

 

といっても、プランがたくさんあるので、どのプランが良いのか、初めて使う人にとってはちょっと分かりにくいですよね。

サイトを作ったばかりで記事数も少ないなら、ベーシックかスタンダードで十分です。

ただ、問題はプランを途中で変更した場合、最初に払った金額+新しいプランの金額を払う必要があるというところです。

つまり、プランを変更したら払う金額は差額ではなく、2つ分の金額を払わなくてはならないということですね。

なので、まだ記事数が少ない状態でも、ベーシックよりスタンダードをおすすめします。

もしもブログで毎日記事を更新する予定だとか、サイトをたくさん量産するつもりなら、初めから上位のプランを使ったほうが良いです。

僕は複数のサイトを運営してるので、エキスパートプランを使用しています。

ポイント

  • 試しに使ってみるならまずは無料で
  • サイト数も記事数も少なく、記事更新速度も遅いならスタンダード
  • サイトを量産する人や、毎日記事更新するつもりならエキスパート

といったところでしょうか。

エキスパート以上のプランもありますが、個人レベルでは必要ないかな、と思います。

 

GRCを無料で試すならコチラ

さいごに

サイトアフィリをSEOで運営していくなら、検索順位チェックツールは必須です。

とくにGRCは使いやすく、多くのSEO業者にも使用されている優れたツールです。

ただ、なんとなく毎日眺めてるとか、順位が上がるように祈ってるだけだとあまり意味がありません。

検証や改善などのPDCAを回して、サイトの評価を高めていくために使うべきツールです。

ぜひ上手に活用して、SEOの成功に役立ててみてください。

ジャスティン
GRCはSEOを効率化してくれるよね。
そうね、一度登録してしまえば自動で順位を計測してくれるし、かなり効率化できるわね。いちいちキーワードを打ち込んで検索順位をひとつひとつ確認して、なんて作業は、読まれもしないLINEを毎日女の子に送り続けるあなたの努力と同じで、頑張る方向性を間違ってるし、報われることはないもの。
ミランダ
ジャスティン
死にたくなってきたよ。
ジャスティン
GRCは軽くて安くて便利だし、やっぱり手放せないな。
たしかに他の順位チェッカーに比べると安いし、軽くて使いやすいわね。でもね、人間は楽を求め始めると、それがエスカレートしていく生き物でしょ?そして求める基準もどんどん上がっていくから、安くて便利は当たり前、という認識を持つようになってくるのね。だから、あなたみたいな楽ばかり求めてクレームつけるのが趣味みたいな人が、今のサービス業界疲弊の原因になってると言えるわ。最低ね。
ミランダ
ジャスティン
生まれてこなければ良かった。 

 

 

GRC公式サイトはコチラ

令和時代のアフィリエイトを生き抜くためのSEOとライティング講座

無料購読したいですか?

こんな事で悩んでませんか?

書いても書いても成果が出ない…。
記事が書けない…。
これからのSEOに不安を感じる…。
役立つだけじゃなく面白いのも読みたい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガに登録しない人は

メルマガに登録しない

 

人生を変えるメルマガはコチラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かずさん

かずさん

自称面白さ&わかり易さNo.1のブログ/面白SEOライター/アフィリエイトで学んだライティングやSEOの情報を面白くわかりやすく!収益があがらず悩む人のために、役立つ情報を発信します。

-ツール

Copyright© アフィリエイトの時間ですよ , 2019 All Rights Reserved.