初心者向け

【これだけでOK】WordPressで作るアフィリエイトブログの始め方!

更新日:

アフィリエイトを始めるためには、サイトかブログを立ち上げて運営していく必要がありますよね。

無料ブログ、WordPress、SIRIUSなど、ブログを投稿する手段はたくさんありますが、今はWordpressがSEOに強く、検索上位を狙いやすいと言われています。

とはいえ、初心者の人にとっては、「WordPressってなんか難しそう…。」「どうやって始めたらいいかわからない」なんて人も多いんじゃないでしょうか?

こちらでは、ワードプレスを始めるために必要なドメイン取得、サーバー契約、Wordpressのインストールに初期設定など、初めての人にも分かりやすいように書いています。

WordPressの知識が全くない人でも、順を追って読んでいけば誰にでも使えるように書いていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

イケメンくん
へえ、じゃあ僕でも簡単にできますかね?
どうでしょう…。
かずさん
イケメンくん
おいィィ!

WordPressとは?

WordPressとは

WordPress、使ってますか?
賢者さん
イケメンくん
いやー、WordPressって、なんか難しそうで…。
イケメンくん
まずは無料ブログで、練習しようかと思ってます。
そうですか。でも、無料ブログでアフィリエイトするのは制約が多いので、早めに移行した方がいいですよ。
賢者さん
難しいイメージがあるかもしれませんが、慣れてしまえば、無料ブログより使いやすいぐらいですから。
賢者さん
イケメンくん
へえ、そうなんですね、僕でも出来ますかね?
どうでしょう…。
賢者さん
イケメンくん
またかよ!

WordPressとは、難しい話は抜きにして、一言であらわすなら、「ブログを簡単に作成できるツール」です。

本来、Web上にブログ記事を投稿するには、HTMLやFTPなど、専門的な知識が必要です。(今は覚えなくて大丈夫です)

それを、記事を書いてクリックするだけで、簡単にブログを投稿出来るようにしてくれるのが、WordPressです。

無料ブログのはてなブログやアメブロなども、同様に簡単にブログを投稿できるようにしてくれるツールですね。

無料ブログとWordPressの違い

無料ブログもワードプレスも、ブログ投稿を簡易化してくれるという点では似たようなもんです。

以前は無料ブログのほうがインデックスが早く、強い時代もありましたが、今はWordPressのほうが圧倒的にオススメです。

無料ブログが駄目でワードプレスがオススメな理由をまとめてみました。

無料ブログが駄目な理由

  • 突然ブログ自体を削除される可能性がある。
  • 検索順位が安定しにくい。
  • 広告表示が邪魔。

 

WordPressがオススメな理由

  • 検索順位が安定しやすい
  • きれいで格好良いサイトが作れる

無料ブログの最大の欠点は、運営者の都合により、ブログ自体を削除される可能性があるということです。

無料ブログで作ったブログは、あくまでも運営者からレンタルして作っている状態なため、削除されたり、アカウントが消されても、どうにもすることは出来ません。

これは何百記事書いていようが、何千記事書いていようが関係ありません。
運営側に規約違反として、アカウント削除されてしまえばそれで終わりです。

アフィリエイトでブログやサイトを運営していくなら、無料ブログを使うのはデメリットしかないですね。

WordPressを使うメリットは、やはりSEOに強く、記事が増えてくれば、順位が安定しやすいというところでしょう。

そして、他者の手で削除される心配もありません。

また、検索上位にあるプロっぽい、おしゃれなサイトやブログは、WordPressで作ってあるものがとても多いです。

まずはサーバーと契約しよう!

WordPressを使うメリットを理解してもらったところで、早速順を追って解説していきましょう。

WordPressでブログやサイトを運営していくためには、「サーバー」と「ドメイン」が必要です。

「サーバー」は、あなたのブログを表示させるために必要なデータを、Web上で保管しておく場所のこと。

「ドメイン」は、そのデータが保管してある場所を指し示すもの。
よく、サーバーは土地で、ドメインは住所、なんて言われますが、そのイメージの通りです。

サーバーとドメイン

サーバーとドメインは、ブログやサイトを始めるのに必ず必要なものです。
ただ、どちらも契約・取得するには料金がかかるので、そこは理解しておいて下さい。

どれぐらいの金額がかかるかというと、だいたいドメイン代が年間1,000円前後、サーバー代が契約先によってだいぶ変わりますが、年間で10,000円みておけば、間違いないでしょう。

サーバーのおすすめは?

どこのサーバーと契約すればいいのか、全く知識がない初心者の人には決めにくいですよね。

有名どころのサーバーというと、xserver、ロリポップ、さくらサーバー、他にもたくさんのサーバーがありますが、契約金額も信頼性も様々です。

この中で最も人気が高く、私自身も使っていてオススメなのが、「xserver(エックスサーバー)」です。

xserverがおすすめの理由

  • サイトの表示速度が速い。
  • 安定している、落ちたりしない。
  • 多くの人が使用しているので、信頼性も高い。

サーバーの契約料金は様々で、格安で契約できるようなところもありますが、安定性に不安があるので、あまりオススメできません。

例えば、初めのアクセス数がほとんど無いときは問題ありませんが、バズってアクセス数が急上昇したときに、不安定なサーバーでダウンしてしまうと、それで終わりです。

せっかくアクセスがアップしても、サーバーがダウンしてしまえばWeb上に表示されなくなるので、機会損失なんてもんじゃないですよね。

ですから、最初から格安のサーバーは使わず、実績と安心のあるxserverがオススメといえます。

xserverの契約方法

xserverの契約方法ですが、まずはxserverの公式サイトを開いてください

xserver公式サイト
https://www.xserver.ne.jp/

公式サイトからオレンジ色の「お申込みはこちら」をクリックして、契約に進むことができます。

xserverトップページ

このときに、オレンジボタンの近くに「ドメインが無料!」という見出しがついていれば、ドメインが無料で取得できるキャンペーン中ということです。

このキャンペーンは頻繁に行われているので、できればキャンペーン実施のタイミングで契約すると、ドメイン料金を節約できます。

「お申込みはこちら」をクリック後、申し込みフォームから「新規お申込み(10日間無料お試し)」をクリック

お申込みはこちら

お客様情報入力画面で、必要な情報を入力していきます。

お客様情報入力画面

①サーバーID

ここで設定したIDは、後で変更することは出来ません。
また、無料ドメイン取得のキャンペーンを使った場合は、このIDがドメイン名となります。

例えば、ここでIDを「ikemenaho」と入力した場合、あなたのブログのアドレスは「http://ikemenaho.xsrv.jp」になります。

イケメンくん
なにそのドメイン名

②プラン

ここで選ぶプランで料金が変わります。
右に行くほど料金が高くなりますが、普通の使い方なら「X10」プランで十分です。

③メールアドレス

xserverからの通知を受け取ることになるので、使用できるメールアドレスを入力しましょう。

必要事項を入力したら、「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意する、をチェックして、「お申込み内容の確認」をクリックして、契約をすすめてください。

利用規約

独自ドメインを取得しよう

ドメイン

サーバーの契約が完了したら、次はドメインの取得です。
さきほどxserverで無料ドメインを取得しているなら、それを使ってもオッケーです。

キャンペーンが終了していて無料ドメインがもらえなかったなら、ドメイン購入サイトからドメインを購入する必要があります。

ドメインってどこで取得すればいいいの?

ドメイン購入サイトもたくさんあるんですが、有名どころだと「お名前.com」「ムームードメイン」「バリュードメイン」などがあります。

どこで取得しても特に問題ありませんので、好きなところで購入して下さい。

あくまで主観ですが、お名前.comは初心者には優しくないイメージがあるので(who is 代行のチェックが外れてるとか)、あまりオススメしません。

個人的には、amazonアカウントでも支払いできる「バリュードメイン」が使いやすいです。

バリュードメイン

ドメインの種類が多すぎる!なにがオススメなの?

ドメインって、種類がたくさんあるんです。
例えば、「~.com」「~.biz」「~.xyz」「~.site」などなど…。

で、どれを選べばいいの?
と初心者の人は迷ってしまうかもしれません。

結論からいうと、「どれでもいい」です。
ドメインの違いが、SEOやサイトの強さに影響を与えることはありません。

ただ、「.xyz」などの格安ドメインは、2年目以降の更新料が実は高かったり、悪質業者やペラサイトに使われていることも多いので、あまり良いイメージがないかもしれません。

ということで、オススメなドメインはメジャーな「.com」や「.jp」などが良いと思います。

ドメインの検索手順と購入方法

どこのドメイン購入サイトでも、やり方はほぼ同じです。
こちらでは、「バリュードメイン」を例にして解説していきます。

まず、バリュードメインのトップページを開き、「空きドメイン検索」の欄に、自分が取得したいドメイン名を入力します。

バリュードメイン

検索すると、現在取得できるドメインの種類が、一覧表示されます。
「購入」マークがなく、「☓」マークのついてるものは、取得できないか、すでに他の人に取られているドメインです。

ドメイン選択

ポイント

ドメイン名の取得は早いもの勝ちなので、すでに取得されている場合は、もう取ることはできません。
末尾に数字をつけたり、名前を変えて再度検索してみましょう。

イケメンくん
いや、なんなのこのドメイン名

「購入」をクリックするとログイン画面に進むので、ログインすればドメインを購入することができます。

アカウントを取得してない場合は、新規ユーザー登録して進めて下さい。
バリュードメインの場合、amazonのアカウントでも購入することができます。

取得したドメインをサーバーに設定する方法

サーバーの契約、ドメインの取得はここまでで出来ていると思います。
ここからは、取得したドメインをサーバーに設定する方法を解説していきます。

まずは、xserverのサーバーパネルにログインします。

xserverログインページ

xserverログイン

ログイン後、右上にある「ドメイン設定」をクリック。

ドメイン設定

ドメイン設定画面から、「ドメイン設定の追加」をクリック。

ドメイン設定の追加

「ドメイン名」の欄に、取得したドメイン名を入力して、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリック。

「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックすれば、サーバーへの登録は完了です。

ドメイン名入力

続いて、取得したドメインのネームサーバーを設定します。
ネームサーバーの設定というのは、簡単にいうとサーバーとドメインを連携する作業です。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、あまり深く考える必要はありません。
こちらの記事に書いてあるとおり進めてもらえば大丈夫です。

まずは、ドメインを取得したサイトにログインしましょう。
こちらでは、バリュードメインを例にしています。

ログイン後、左上のメニュー一覧から「ドメイン」→「ドメインの設定操作」へと進みます。

ドメインの設定操作

すると、取得しているドメインの一覧が表示されるので、これから設定するドメインの「ネームサーバー」をクリック。

ドメインの設定操作

ネームサーバー変更画面になったら、順番に下記のネームサーバー情報を入力します。

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

ネームサーバー1から、順番に入力してください。
こちらはxserverを使用している場合ですが、他のサーバーを使用している場合は変わってしまうので、注意しましょう。

ネームサーバー変更

入力を終えたら、「保存する」で設定完了です。
これでドメインとサーバーの連動も完了しました。

ちなみに、設定が完了してもすぐには反映されない場合がありますが、大体24時間もすれば反映されるようになるので、ここまで終わったら一度作業を中断しても大丈夫です。

設定が完了したかどうかの確認方法としては、取得したドメインを入力して検索してみれば分かります。

検索結果にこんな画面がでれば、設定は完了しています。

ワードプレスのインストール方法

サーバーとドメインの設定が完了したら、次はブログにWordPressをインストールする作業です。

まずはxserverにログインして、サーバーパネルを開きましょう。
そこから「WordPress」の「WordPress簡単インストール」をクリック。

ワードプレスのインストール

取得しているドメイン名が表示されるので、「選択する」をクリック。

ドメイン選択

「WordPressのインストール」タグから必要事項を入力して、「インストール(確認)」をクリック。

この画面に切り替わったら、内容を確認して「インストール(確定)」をクリック。

インストール確定画面

これでインストールは完了です。

インストール完了後にユーザーIDやパスワード、MySQLデータベースなどの情報が表示されますが、コチラは超大事な情報なので、必ずメモなどに残して保管しておきましょう。

http://●●/wp-admin/
からアクセスし、以下の情報でログインしてください。

とURLが記載されていますが、これがアナタのブログのログイン画面URLになります。

ブログへのログインはここからしか出来ません。
URLから実際にログインして、忘れないうちにブックマークしておきましょう。

これだけは絶対やっておこう、ワードプレス初期設定

初期設定

ワードプレスがインストールできたら、次は始めにやっておきたい初期設定についてです。

この初期設定については、記事数が多くなってからでは修正が出来なくなる、大事な部分も含まれているので、必ず記事を書き始める前に設定してください。

 

ワードプレスの初期設定(必須)

  • 一般設定
  • パーマリンク設定

一般設定

まずは、一般設定画面を開いて下さい。
WordPressの管理画面で左メニューから「設定」→「一般」をクリック。

一般設定画面を開いたら、ここで必須の作業は、「サイト名」と「キャッチフレーズ」の入力です。

サイト名

サイト名はそのまま、サイトタイトルのことですから、超重要な部分です。
しっかり考えて、あとで後悔しないようなサイトタイトルを考えましょう。

タイトルをつけるコツとしては、検索されるキーワードを含むサイトタイトル(30文字前後)か、覚えやすく語呂のいいタイトルを付けると良いと思います。

【例】
検索キーワードを含むサイトタイトル

「●●の産後ダイエットと美容のブログ」

ゴロの良いタイトル

「yasekawa」

語呂の良いタイトルは、アクセス数が上がってくると、サイト名でも検索されやすいというメリットがあります。
ようは、覚えてもらいやすいということですね。

サイト名を決めたら、次はキャッチフレーズを書いていきましょう。
キャッチフレーズは、あなたのサイトの紹介文です。

こちらもかなり重要な項目ですので、検索されるキーワードを盛り込みながら、どんなサイトなのかが伝わるように書いて下さい。

とりあえず、一般設定で必須の初期設定はこの2つです。

パーマリンク設定

パーマリンクっていうのは、簡単にいうとURLのことで、ここで設定した通りにURLが表示されるようになります。

ここは必ず最初に設定しておきましょう。
あとから変更すると、SEO(検索順位を上げる対策)上でも不利になることがあるからです。

デフォルトのままだと、URLが意味不明な文字の羅列になってしまうので、SEO上あまり良くありません。

ここは、シンプルな「投稿名」を選ぶことをオススメします。

パーマリンク設定

パーマリンクは投稿名で

パーマリンクを途中で変更するということは、それまでの情報がリセットされて別のページとして扱われてしまうということなんです。

アクセス数が激減する要因にもなるので、パーマリンク設定は記事が多くなる前に済ませておきましょう。

WordPressのテーマを選ぼう

ワードプレスのテーマ

WordPressのテーマというのは、ざっくり言うとブログのテンプレートです。
無料から有料のものまで、たくさんの種類がリリースされています。

デフォルトのままだと、カッコいいサイトを作るのは難しいので、テーマは変更しておきましょう。

とはいっても、山のようにあるテーマから一つ選べと言われても、初心者の人は困ってしまいますよね。

そこで、僕が実際に使って良かった、オススメのテーマをご紹介します。

オススメの無料テーマ

Simplicity

Simplicityは無料のテーマですが、内部SEOが施策済みで、カスタマイズしやすく、シンプルな良いテーマだと思います。

無料のテーマの中では個人的に一番オススメ、有料テーマと比べても全く見劣りしません。

オススメの有料テーマ

AFFINGER5

ストーク

AFFINGER5

こちらのサイトでも使用しているテーマが、AFFINGER5です。
特徴は、とにかくデザインカスタマイズの種類が豊富で、簡単にできるところです。

特に、アフィリエイターがよく使う「吹き出し」や「ボックス」などがクイックタグから簡単に使えて、カスタマイズも簡単なので、記事作成がすごく楽になります。

また、おまけで付いてくる「稼ぐサイトの設計図」は、初心者の人にはかなりためになることが書かれています。

ストーク

モバイルファーストが売りのテーマ、つまりスマホ最適化されているテーマともいえます。

ちょっといじるだけでオシャレなサイトが簡単に作れちゃうので、人気のあるテーマです。

モバイルファーストをうたうだけあって、スマホで閲覧したときの行間や文字がとても見やすくて良いです。

テーマのインストール方法

使うテーマを決めたら、さっそくワードプレスにインストールしましょう。
こちらでは、AFFINGERを例に説明していきます。

ワードプレス管理画面の左側にあるメニューから、「外観」→「テーマ」→「新規追加」→「テーマのアップロード」と進んで下さい。

テーマのアップロード

「ファイルを選択」から、インストールするテーマのzipファイルを選択して、「今すぐインストール」でインストール完了です。

親テーマzip

最近のテーマは、「親テーマ」と「子テーマ」に分かれているものが多いです。

親テーマのまま使っていると、アップデートした時にいじったCSSがリセットされてしまいます。

そこで「子テーマ」を使っていると、アップデートの影響を受けずに済むということです。

ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、ともかく「子テーマ」を使えば大丈夫、という認識でオッケーです。

子テーマを使うには、先程の親テーマのインストールと同様に進めていけば大丈夫です。

AFFINGERの場合、子テーマはこれです。

子テーマ

インストールが終わったら、子テーマを選択して「有効化」すれば、完了です。

まとめ

WordPressのテーマは、無料でも有料でも、どちらを選んでも特に問題ありません。

ただ、無料テーマを使っていても、いずれ有料テーマを使ってみたくなっちゃうので、最初から有料テーマを使うのもアリですね。

最後に:アフィリエイトで収益化する方法

アフィリエイトの収益化

ここまでくれば、あとは記事を書いてアクセスアップを狙い、収益化していくだけです。

ここまでで出来ていることをちょっとまとめてみましょう。

ここまでで出来たこと

  1. サーバーの契約
  2. ドメインの取得
  3. サーバーとドメインの連動
  4. ワードプレスのインストール
  5. ワードプレスの初期設定
  6. WordPressテーマの選択
  7. WordPressテーマのインストール

ここまででもかなりの労力だったんではないでしょうか?
お疲れ様でした。

この他にも、プラグインのインストールやSSL化など、やることはまだありますが、とりあえず記事を書く環境はこれで整っています。

ちょっと疲れたでしょうし、この先は別記事でまとめていきたいと思います。

イケメンくん
自分が疲れただけなのでは?
かずさん
ユーザーのためを思ってのことです。私はGoogleの理念に忠実なんです。尊敬してます。
誰に媚びてるんでしょうか…。
賢者さん

さて、ここから先は、記事を書きまくってアクセスを増やし、収益化していくことが目的になります。

収益化までの流れとしては、大体こんなイメージになると思います。

  • サイトのジャンル(テーマ)を決める
  • ASPに登録する
  • 記事の数を増やしていく
  • アクセス数アップ
  • アフィリエイトリンクを設置して収益化

サイトのジャンル(テーマ)や方向性を決めるなら、こちらの記事も役に立つと思います。

関連記事
アフィリエイトテーマの決め方
アフィリエイトテーマの決め方に悩んだら、重要視すべきはこれ!

アフィリエイトを始めようと思ったんだけど、どのテーマ(ジャンル)で始めたらいいかわからない、という人は多いと思います。 ...

続きを見る

関連記事
サイトの設計法
ユーザーに焦点を絞ったサイト設計・マインドマップの活用法!

Googleが掲げる理念で最も有名なのが、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」というものです。 ...

続きを見る

かなりざっくりした流れですが、基本はこんな感じで進んでいくと思います。

とにかく土台は出来上がりましたから、どんどん記事を書いて、稼げるサイトを作っていきましょう!

どうです?出来ましたか?
賢者さん
イケメンくん
はい!書いてある通りに、一通りは設定できました。 意味は分かりませんが。
最初はそれで良いと思いますよ。 慣れてくれば色々つながってくるので。
賢者さん
あとは記事を書くだけですね、頑張ってください。
賢者さん
イケメンくん
了解です、使い倒しますよ、ワールドプレイス!
ワードプレスです…。
賢者さん
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かずさん

東北在住アフィリエイター。アフィリエイトとブログとバイクと一人旅を愛するゴリラです。複数のブログを運営しながら、暇を見つけては旅に出て記事を書いています。

-初心者向け

Copyright© アフィリエイトの時間ですよ , 2018 All Rights Reserved.