ライティング

文章を書くのが苦手な人がライティング技術を伸ばすトレーニング法

投稿日:

文章力のトレーニング

こんにちは、かずさんです。

最近のSEO対策では、良質なコンテンツ作りが大事と言われていますが、あなたのサイト(ブログ)は大丈夫でしょうか?

良質なコンテンツ作りに必要な要素は、大きく分けると3つあります。

  • ユーザーの利便性に優れたコンテンツ
  • ユーザーのニーズに応えるコンテンツ
  • 独自性のあるコンテンツ

つまり、良質なコンテンツを作るためには、ユーザーに対して分かりやすく、ニーズに応えていて、オリジナリティがある記事を書けば良いんですね。

イケメンくん
言うのは簡単ですけどね。

一見バラバラに見える3つの要素ですが、共通していることがひとつあります。

それは、「ライティングスキルが必要」ということです。

ユーザー(読み手)に対して分かりやすく、そしてニーズ(欲求)に応える記事を書くためには、人に伝える「文章力」が必要です。

独自性だって、文章力が無ければオリジナリティは生まれません。

  • ユーザーの検索意図に答える
  • 分かりやすい記事を書く
  • 独自性を出す

こういったことが大事だとは分かっていても、結局それが読み手に刺さらなければ、良質なコンテンツにはなりませんよね。

アフィリエイターにはセールスライティング以外軽視されがちですが、今後は文章力を鍛えていく必要もあると思っています。

ということで、今回の記事では、文章を書くのが苦手な人向けの、ライティング技術を伸ばすトレーニング方法についてまとめてみました。

イケメンくん
文章力を鍛えたいです。
いつも直球ですね。
かずさん
イケメンくん
何か良い方法はありますか?
地道に書き続けるのが一番だと思いますが。
かずさん
イケメンくん
もっと手早く上達したいんです。
朝起きたら急に上達する、なんてことはありませんよ。
かずさん
イケメンくん
死にかけるとライティング戦闘力が跳ね上がるとかは?
ライティング戦闘力が何なのか知りません。
かずさん

本をたくさん読む

読書する兄弟

ブログで面白いことが書けないとか、アフィリでリンクに誘導出来ないとか、そういった問題はやはり、文章力の無さが原因でしょう。

もっと言えば、「語彙力」(ごいりょく)の無さが原因と言えるんじゃないでしょうか。

自分の言いたいことを適切な言葉で表現できないと、人の感情を動かすことは出来ないです。

「記事が書けない」という悩みも、語彙力の足りなさからきている場合もあります。

語彙力を高めるには、本をたくさん読むのが一番効果があると思います。

本をたくさん読んで良い文章にふれていれば、語彙は自然に増えていきます。

そして、文章を書くためのポイントやテクニックも、いつのまにか身についていきます。

ジャンルは、小説でも、ビジネス書でもなんでも良いので、自分の興味がある本をたくさん読むようにしてみてください。

そうすることで、今まで知らなかった言い回しや表現のしかたが自然に身につくので、良い記事も書けるようになってきます。

うまい人の文章を真似てみよう

ものまね名人

文章力を上げるために、僕自身もやったことがあるんですが、文章を書くのが上手な人のマネをしてみると効果があります。

いわゆる、「写経」ってやつですね。

写経をオススメしているサイトはたくさんありますが、ほとんどの人は「へえ~」と思うだけで、実際にはやらないんですよね。

でも、試してみる価値はあります。

やらない人はおそらく、

  • やっても効果なさそう
  • 真似することに意味があるとは思えない

写経にこんなイメージを持っているんじゃないでしょうか。

でも、僕自身も写経をすることで学んだことはかなり多いです。

読書をするということは、「インプット」ですが、写経はインプットだけでなく、「アウトプット」も兼ねています。

最近の主流の考え方ですが、人はインプットだけではなく、アウトプットすることで初めて成長できるそうです。

実際に僕もやってみて、ただ読んでるだけでは見えなかった部分に気づけたり、言い回しを学んだりすることができました。

ぜひ一度、写経を試してみてください。

写経する対象は、ブログ記事でもアフィリエイト記事でも、雑誌でもなんでもいいです。

ただ、ブロガーなら好きなブロガーの記事を、アフィリエイターなら人気商品のセールスレターとかを写経すると、学びが深いと思います。

他人の文章を添削してみる

添削

僕が一番効果があったトレーニング方法が、他人の文章を添削することです。

ブログでもアフィリエイト記事でもいいんですが、オススメは読んでいて何か違和感を感じる文章とか、失礼ですが自分より下手に感じる文章を、自分ならどう書くか、書き直してみることです。

これをやると、とにかく頭を使うのでかなり疲れますが、文章を書くための構成力を鍛えることが出来ます。

また、添削することで文章力だけでなく、推敲(すいこう)するスキルも鍛えられます。

推敲というのは、文章を何度も読み直して、修正し、クオリティを高めていくことを言います。

推敲ができないと、読みにくい記事や、内容がブレブレの記事を投稿してしまう原因になります。

添削する対象は、まずは一般人の書いたブログやアフィリエイト記事が良いと思います。

プロの書いたメディア系の記事とかは、最初はちょっとハードルが高いです。

継続して書き続ける

毎日書く女性

ライティング技術を鍛える方法はたくさんありますが、一番大事なのはとにかく書き続けること、数をこなしていくことです。

ライティング上達系の書籍を読んでも、実践しなければスキルは上がりません。

「量質転化の法則」という言葉がありますが、質を高めるためには、まずは量をこなすことが大事です。

もちろん、てきとうなゴミ記事ばかり増やしても、ライティングスキルは上達しませんけどね。

簡単な言い方をすれば、とにかく経験に勝るものはない、ということです。

どんどん記事を書いて、ライティング技術を高めていきましょう。

最後に

  • 記事を書き始めるまですっごい時間がかかる
  • 文章力が無いので、良い記事が書けない
  • 説得力のある記事が書けない
  • 面白い記事の書き方がわからない

こんな悩みを持ってる人は多いんじゃないかと思います。

僕もアフィリエイトを始めたばかりの頃は、記事を書いてもアクセスなんてほとんどありませんでした。

でも、たくさん記事を書いてるうちに、少しずつ人に読んでもらえるコンテンツが作れるようになっていきました。

上述しているように、経験に勝る知識はないと思います。

ただ、考えなしにゴミ記事を量産し続けるのも意味がないです。

大事なのは、スキルを磨きながら経験を積んでいくこと。

インプットとアウトプットを繰り返しながら、記事を書きまくることです。

文章力に磨きをかけながら、質の高い記事を書けるようにこころがけたいですね。

令和時代のアフィリエイトを生き抜くためのSEOとライティング講座

無料購読したいですか?

こんな事で悩んでませんか?

書いても書いても成果が出ない…。
記事が書けない…。
これからのSEOに不安を感じる…。
役立つだけじゃなく面白いのも読みたい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガに登録しない人は

メルマガに登録しない

 

人生を変えるメルマガはコチラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かずさん

かずさん

面白SEOライター/アフィリエイター/アフィリ報酬6桁/専業目指してます!/アフィリエイトで学んだライティングやSEOの情報を面白くわかりやすく!収益があがらず悩む人のために、役立つ情報を発信します。

-ライティング

Copyright© アフィリエイトの時間ですよ , 2019 All Rights Reserved.